FC2ブログ

2020年4月19日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

四国の旅の続きです。

「新幹線」の旅と沈下橋を楽しみ、
再びスタート地点の窪川駅まで折り返し。

200419-11.jpg  200419-12.jpg

土佐弁を聞くと、『スケバン刑事II』の南野陽子を思い出す世代です。
跨線橋に掲示されていた「予土線川柳」は、
大賞の「ふみきりの むこうにまぼろし 新かんせん」が秀逸。

200419-01.jpg

さて、四万十川界隈での3つのミッションのうち、
「新幹線に乗る」「沈下橋を渡る」は無事にクリア。
残る1つ、「地元の鰻を食べる」を実行すべく、
ガイドブックにも載る名店「うなきち」を目指して一目散に。

200419-02.jpg

しかし!
この日(水曜日)は定休日だったのです。
呆然。
なぜ確認しておかなかったのか……。

200419-03.jpg  200419-04.jpg

念のために(?)、前日入った中村のいちもん家で
「四万十川優化イオンうなぎ」を食べておいたので、
一応ミッションクリアしていたものの、
この店においては圧倒的に鰹>鰻だったので、
「うなきち」の鰻も食べてみたかった……。

200419-05.jpg  200419-06.jpg

うなぎの形でスタンバイしていた胃袋をなだめながら、
当てもなく町を散策。
「タコヤキ8ヶ入り160円」という目を疑うような店を発見し、
道端に座って食べてみたり。

200419-07.jpg

琴平神社に参拝して駅に戻り、再び宇和島行の列車に。

200419-21.jpg  200419-22.jpg

本日三度目となるこの区間。
何度乗っても四万十川の景色に飽きることはありません。

200419-23.jpg

難読&珍駅名として有名な「半家駅」。
平家の落人が「平家」の「平」の横棒の位置をずらして
「半家」にしたのが地名の由来とする説があり、
『日本歴史地名大系』にも記されていました。

200419-24.jpg  200419-25.jpg

桜が美しい長生(ながおい)沈下橋。

200419-26.jpg  200419-27.jpg

そして今度は江川崎駅で下車。
時刻表では着発時刻が記載されているので、
比較的大きな駅なのかな?と想像すると、
そのギャップに驚かされる山間の長閑な駅です。

つづく。

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】4月19日、中央競馬の第80回皐月賞で優勝し、騎手の福永祐一がクラシック競走完全制覇を達成した馬は何?
 

more...

tag : 皐月賞 福永祐一

2020年4月17日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

四国の旅の続きです。

200417-01.jpg

10時16分、土佐昭和駅で「新幹線」を下車。
ここを通る列車は1日あたり上下5本ずつで、
折り返す次の列車まで47分。

200417-02.jpg  200417-03.jpg

このちょうど良い滞在時間を利用して、
喧しいくらいの野鳥の声を聴きながら国道をぐんぐん歩き、
長い歩道トンネルを抜けてたどり着いたのは……。

200417-04.jpg

沈下橋の第一三島橋でした。
これぞ、ザ・四万十川という光景ではないでしょうか。

200417-05.jpg  200417-06.jpg

美馬市にあった脇町潜水橋とは異なり、
ここは車1台がギリギリ通れる程度の幅。
渡った先は対岸ではなく、四万十川最大の中州「三島」でした。

ちなみに、1999年に行われた調査によると、
全国には410ヶ所の沈下橋が存在し、
そのうち48ヶ所が四万十川の本流・支流にあるそうです。
https://www.shimanto.or.jp/?page_id=7281

200417-11.jpg  200417-12.jpg

片道15分の道のりを、やや急ぎ足で戻り、
再び土佐昭和駅から窪川行に乗車。
次の列車は「予土線3兄弟」のひとつ、
「しまんトロッコ」(トロッコなし)でした。

予土線の残念なところは、すべての車両がロングシートということ。
これでは駅弁を食べたりもできないし、
何より、通勤列車と同じでは旅の高揚感が……。
やはり観光路線としてはクロスシートにすべきでは!

200417-13.jpg  200417-14.jpg

とはいえ、これだけ空いていれば左右両側の景色が見やすく、
あっちを見たり、こっちを見たりしながら、
車窓からの沈下橋もバッチリ確認。

先ほどの第一三島沈下橋と茅吹手沈下橋。
茅吹手沈下橋は、フルムーン夫婦グリーンパスのポスター使われ、
加山雄三夫妻がロケに訪れた場所だとか。

200417-15.jpg  200417-16.jpg

土佐昭和駅の次の土佐大正駅では、20分以上の長時間停車。
かつての繁栄が偲ばれる立派な駅舎。
そしてビックリしたのは、駅前の標識にあった「国鉄」の文字。
国鉄分割民営化から33年、ここだけ時が止まっているみたい。

200417-17.jpg  200417-18.jpg

河童もいるかもしれないねえ。

つづく。

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】4月17日、廃止日程の繰り上げによって北海道医療大学駅・新十津川駅間の運行が終了したJR北海道の路線は何?

【2】4月17日、『白夜行』『容疑者Xの献身』などの代表作7作が電子書籍化されることが発表された、これまで作品の電子化をしていなかった作家は誰?

【3】4月17日、現役を引退した大相撲の元関脇・豊ノ島が襲名した年寄名跡は何?
  

more...

tag : 白夜行 容疑者Xの献身 豊ノ島

2020年4月15日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

四国の旅の続き。3日目です。

200415-01.jpg  200415-02.jpg

3月25日。ホテルサンリバー四万十で迎えた朝。
バイキング方式の朝食をやめるホテルが多いなか、
ここはまだ健在で、メニューには鰹のたたきも。
鰹がおかわりできるモーニング。素晴らしい。

200415-03.jpg  200415-04.jpg

「土佐の小京都」中村を散策してみたかったけど、
今回は時間がなく、徒歩で中村駅へ直行。

中村といえば、部員12人(二十四の瞳)で春のセンバツに出場し、
準優勝という快挙を達成した中村高校も有名ですね。
エースは阪急ブレーブスに入り112勝を挙げた山沖之彦でした。

このあたりの現在の地名は四万十市
高知県西部には「四万十市」と「四万十町」があり、
長年ごぶさたの人間にはピンと来ないのですが、
四万十市=中村、四万十町=窪川です。(鉄ちゃんなら、これでスッキリ)

200415-11.jpg  200415-12.jpg

中村駅からは土佐くろしお鉄道の「だるま夕日号」に乗車。
「土佐清水市」の文字+ジョン万+足摺岬灯台+ジンベエザメという
逆方面の列車はデザインが好きすぎる。(これにも乗りたかった!)

200415-13.jpg  200415-14.jpg

土佐佐賀駅で長時間停車のため駅の外へ。
『ドラゴンボール超』が1巻からコンプリート。
無人駅なのに、読み終えた雑多な文庫本とかではなく、
こんなきれいな漫画を置いておける環境が素晴らしい。

201415-15.jpg

四万十町の窪川駅に到着し、JR予土線に乗り換え。

本四備讃線以外すべて赤字というJR四国の中でも、
予土線は営業係数(2013~17)が「1159」と最悪の路線です。
(※営業係数=100円の収入を得るために必要な費用)

しかし、高知県と愛媛県を結ぶこの路線が廃止されると、
鉄道で四国を一周することができなくなってしまうので、
観光路線としてなんとか踏ん張ってほしいところ。

200415-21.jpg  200415-22.jpg

というわけで……前置きが長くなりましたが、これです。
初代新幹線0系をイメージした「鉄道ホビートレイン」。
これほどまでにローカル線とミスマッチなデザインが
かつて存在したでしょうか!
http://www.jr-shikoku.co.jp/yodo3bros/tetudohobby/

200415-23.jpg  200415-24.jpg

車内には0系のシートや、鉄道模型の展示も。

200415-25.jpg  200415-26.jpg

前面展望と、ぴったり寄り添う四万十川を楽しむ。
車窓からでもわかる水の美しさは、さすが「最後の清流」。

200415-27.jpg  200415-28.jpg

ずっと乗っていたいところですが、土佐昭和駅で下車。
この車両、実は反対側は「新幹線」ではないのでした……。
決して手を抜いたわけではなく、
他の車両と連結できるようにするためとか。なるほど。

ちなみに、「新幹線の父」と呼ばれる国鉄総裁・十河信二が
愛媛県(西条市)出身であることが、
この車両を導入するきっかけになったそうです。

つづく。

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】4月15日、本拠地の桃園市で行われた開幕戦で統一ライオンズを破った、今年から台湾プロ野球に参入したチームはどこ?
 

more...

tag : 四万十市 四万十町 予土線 鉄道ホビートレイン 統一ライオンズ 台湾

2020年4月13日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

四国の旅の続きです。

いよいよやって来ました、足摺岬!(ひっぱりすぎ……)

200413-01.jpg  200413-02.jpg

足摺七不思議(9か所)の「地獄穴」と「亀呼場」。
地獄穴は金剛福寺までつながっているそうですが、
硬貨を入れてみた感じでは、浅そう……。

200413-03.jpg  200413-04.jpg

そして足摺岬灯台。
大正3年に点灯、現在のものは昭和35年に改築されたロケット形。

200413-11.jpg  200413-12.jpg

今度は展望台から。
断崖絶壁の上に立つ白亜の灯台。絵になりますね。

ここで重大発表があります。
足摺岬さん、実は、「四国最南端」ではないんです!(えっ)
うすうす怪しいと感じてはいたが……。

200413-13.jpg

本当の最南端は、少し西の「長碆(ながはえ)」という場所だとか。
でも、「最南端」ってあちこちに書いてあったし、
長碆に行ってもたぶん猫の子一匹いないし、
最南端まで来たと思い込むことにしよう……。

200413-14.jpg  200413-15.jpg

続いて「天狗の鼻」へ。
ここから見た灯台も、趣が変わって良かったです。
落ちていた椿の花を持って写真を撮ったりしてみたものの、
残念ながら公開できない出来に。

200413-16.jpg

こちらはクイズによく出るジョン万次郎像。
手には○○○○と△△△△を持っていますが、わかりにくい……。

200413-21.jpg 200413-22.jpg
 
さらに、四国八十八箇所第38番札所の金剛福寺へ。
前の札所から80km(最長)、次の札所まで50km!という難所。

200413-23.jpg  200413-24.jpg

お遍路さんに出会うと、四国を旅しているという実感がします。
須藤元気の『幸福論』を久々に読んでみたくなったり。

200413-31.jpg  200413-32.jpg  200413-33.jpg

まだ時間があるので、白山洞門を見下ろせる万次郎足湯へ。
足湯には入らず、ベンチで絶景を楽しみながら休憩。

これにて自称四国最南端・足摺岬観光、終了!

1746発の最終バスで一気に土佐の小京都・中村へ。
1時間40分の旅の間、他の乗客はたった一人でした。

200413-41.jpg  200413-42.jpg

中村駅の1つ手前でバスを降り、宿の横にある「いちもん家」へ直行。
久々に活気のある場所へ来たような気がしました。
本日2度目の鰹のたたき(塩)はもちろん大満足。

ランチ難民にならんように~と食料確保に努めた結果、
気付いたら4食目に。
歩きまくっても痩せない原因は、これやな。

つづく。

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】4月13日、来年4月1日から毛利衛の後任として東京の日本科学未来館の館長に就任することが発表された、IBMでフェローを務める全盲の技術者は誰?

【2】このたび、木下グループが国際舞台で活躍するフィギュアスケート選手を育成するために発足させた「木下アカデミー」のゼネラルマネジャーを務める、紀平梨花らを指導するコーチは誰?
 

more...

tag : 足摺岬 金剛福寺 毛利衛 日本科学未来館 IBM 木下アカデミー 紀平梨花

2020年4月11日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

四国の旅の続きです。

ジョン万次郎資料館を後にして、
養老から清水プラザパル前行のバスに乗車。

200411-01.jpg  200411-02.jpg

ついに土佐清水市の交通の拠点、プラザパルに到着。
1階はスーパーと書店、2階は100円ショップとゲームコーナー。
客層的に場違い感が甚だしい(失礼)「maimai」なども。

土佐清水市は、全国の市で人口(約12300人)が少ない方から6番目。
北海道を除くと2番目です。(1番は同じ高知県の室戸市
また、「東京からいちばん遠い都市」(所要時間で)とも言われてきましたが、
高校の地理の教科書では島根県江津市とされたようです。
https://www.city.gotsu.lg.jp/site/gotsu-navi/2208.html

そして、土佐清水市といえば、その過疎っぷりとはうらはらに、
早押しクイズでは頻出の市ですよね。
もしかしたら、高知市より正解になった回数が多いのでは。
問題文は「高知県の岬で~」「高知県の市で~」と始まり、
室戸岬とのパラレルで足摺岬の所在地を聞くもの。
室戸岬室戸市なので、逆はない一方通行のパラレルです。

200411-03.jpg  200411-04.jpg

さて、話が大きく脱線しましたが、
次の目的地は、いよいよ足摺岬

ここから足摺岬へ行くバスは2つのコースに分かれ、
平日は合計すると1日14本もあります。
田舎のバスがどんどん減らされていくなかで、
これはかなり頑張っていると思います。

ただ、私が乗った1440発のバスの乗客は他に一人。
第38番札所・金剛福寺を目指すお遍路の女性でした。

200411-06.jpg  200411-07.jpg

バスは、バイパスのような新道はほとんど通らず、
行き違いの困難な細い道を走ります。
せっかく集落を縫うように走ってくれているのに、
乗客がまったくいないのはいつもの光景なのか……。

途中の中浜は、言うまでもなくジョン万次郎の出生地。
残念ながら、生家はバスからは見えませんでした。

200411-11.jpg

バスは乗客の乗り降りがまったくないまま40分間ひた走り、
ついに終点の足摺岬に到着。

200411-12.jpg  200411-13.jpg
 
滞在時間は2時間半あるので、食べられるうちに食べておこうと、
バス停近くのレストラン「つばき」へ。
2階の店内は電気が消えていて、お休みかと思ったら、
お店の方が出てきて電気をつけてくれました。

200411-14.jpg

灯台が見える席で、かつおのたたき定食。うまし。
高知では毎食これでいいです。(たれ、塩、交互で)
ごちそうさまでした!

200411-21.jpg  200411-22.jpg

そしていよいよ、足摺岬の入口へ。
四国最南端の猫たちがじゃれ合っていました。

つづく。

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】4月11日、NHKのバラエティ番組『ブラタモリ』の6代目アシスタントに就任したアナウンサーは誰?

【2】4月11日、第55回上方漫才大賞で初の大賞を受賞した、「こいで」と「てつじ」の2人からなるお笑いコンビは何?
  

more...

tag : 土佐清水市 室戸岬 室戸市 足摺岬 ジョン万次郎 ブラタモリ

プロフィール

Kenichi Tanaka

Author:Kenichi Tanaka


クイズ作家・クイズ王です。

クイズ作家としては、数々のテレビ番組、ゲーム、ウェブサイト、携帯サイト、広告などを手掛けています。
また、『TVチャンピオン』の「クイズ作家王選手権」で優勝しました。

クイズ王としては、『第16回アメリカ横断ウルトラクイズ』優勝、『クイズ王最強決定戦~THE OPEN~』4連覇などの実績があります。

東京大学法学部卒業。漢字検定1級。知識検定1級(第1回:2位、第2回:1位)。

詳細・問題作成のご依頼は、
公式HP『クイズマガジン21』で! 校正・校閲の仕事も承ります。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
PR










検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
39位
アクセスランキングを見る>>
BOOKS
田中健一の未来に残したい至高のクイズ II (QUIZ JAPAN全書)
―――――
田中健一の未来に残したい至高のクイズ I (QUIZ JAPAN全書)