2017年1月23日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

拙著の『至高のクイズ』に、以下のようなパラレル問題があります。

【Q】栃木県の「県の木」はトチノキですが、鳥取県の「県の鳥」は何?
【Q】英語で「duck(ダック)」という鳥はアヒルやカモですが、
「mandarin duck(マンダリン・ダック)」という鳥は何?

これ、両方とも正解は同じ鳥ですが、わかりますか?

正解は、こちら!
好きな鳥だからなのか、無意識に2問も……(笑)
ちなみに、派手な方がオス、地味な方がメスです。

  170123-01.jpg By Francis C. Franklin

先日某所でクイズをした時、上の方の逆の問題が出題されて、
(【Q】鳥取県の「県の鳥」はオシドリですが……)
かなり物議を醸しました。
正解は「ハクチョウ」(島根県の「県の鳥」)ではないのかと!

まあ確かに、「鳥取県」から他の県に振るのであれば、
ペア感が強く、よくどっちがどっちかわからなくなる(失礼)という
「島根県」がいちばん妥当でしょう。
そして、その理論でいくと、
元の問題の正解は「クロマツ」(群馬県の「県の木」)あたりが
いちばん妥当ということになるのでしょうか。

でも!! そのような決めつけは、
パラレルの面白さ、可能性を大きく阻害することになりかねません。
少なくとも、私がパラレルの問題を作るときは、
できるだけ手垢のついていないものにしたいので、
今後私の問題に挑戦する機会がある方は、
心に留めておいていただければ幸いです。

……と書いた後に思いついたのが、
【Q】栃木県の「県の木」はトチノキですが、茨城県の「県の花」は?
という問題です。
正解は「バラ」ですが、こちらも物議を醸しそう……。
でも、粗削りではありますが、
私は「クロマツ」や「ウメ」よりも、こちらを推します。

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】1月23日、雑誌『週刊現代』で23年ぶりに連載が再開された、福岡県の筑豊地方の炭鉱町に育った青年を主人公とする五木寛之の小説は何?

【2】1月23日、芸能界を引退する意向を明らかにした、ドラマ『ショムニ』の主人公・坪井千夏役などで知られる女優は誰?

【3】1月23日、バスケットボール女子日本代表のヘッドコーチに就任することが発表された、NBAでプレーした経験を持つアメリカ人の指導者は誰?

【4】1月23日、韓国で公開された日本映画で観客動員数が『ハウルの動く城』を抜いて1位となった、昨年公開されたアニメーション映画は何?
 


【1】『青春の門』

【2】江角マキコ

【3】トム・ホーバス

【4】『君の名は。』
 

↑クリックお願いします!

田中健一公式HP『クイズマガジン21』

tag : 週刊現代 五木寛之 ショムニ ハウルの動く城

comment

Secret

プロフィール

Kenichi Tanaka

Author:Kenichi Tanaka


クイズ作家・クイズ王です。

クイズ作家としては、数々のテレビ番組、ゲーム、ウェブサイト、携帯サイト、広告などを手掛けています。
また、『TVチャンピオン』の「クイズ作家王選手権」で優勝しました。

クイズ王としては、『第16回アメリカ横断ウルトラクイズ』優勝、『クイズ王最強決定戦~THE OPEN~』4連覇、『クイズ神2』準優勝などの実績があります。

詳細・問題作成のご依頼は、
公式HP『クイズマガジン21』で!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
PR










検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
66位
アクセスランキングを見る>>
BOOKS
田中健一の未来に残したい至高のクイズ II (QUIZ JAPAN全書)
―――――
田中健一の未来に残したい至高のクイズ I (QUIZ JAPAN全書)
―――――
東大生クイズ王・伊沢拓司の軌跡 I ~頂点を極めた思考法~ (QUIZ JAPAN全書)
―――――
ウルトラクイズ・ロストジェネレーションの逆襲 ~クイズ神・安藤正信の軌跡 I~ (QUIZ JAPAN全書)
―――――
QUIZ JAPAN vol.5
―――――
QUIZ JAPAN vol.4
―――――
QUIZ JAPAN vol.3
―――――
QUIZ JAPAN vol.2
―――――
QUIZ JAPAN vol.1