2017年11月12日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

『現代用語の基礎知識』が書店に並ぶと、
1年の終わりが近付いていることを感じますが、
Amazonさんで、うっかりこれを注文しそうになりました。

現代にゃん語の基礎知識2018──THE YEARBOOK OF THE CONTEMPORARY SOCIETY ON CATS
鈴木美紀 山根明弘 常安有希 山本葉子 芳澤ルミ子 瀬戸内みなみ 池迫美香 中島祥子 前田理子 北辺武朝
自由国民社 (2017-11-10)


まぎらわしいねん!(笑)
にゃんとも楽しい事典ということにゃら、
こちらも買っていいようにゃ気はしますが……。

さて、1週間後の11/19(日)は、
いよいよ「第27回クイズフェスティバル。in東大宮」です。
http://6221.teacup.com/quizfes/bbs
私は昨年に続いて、決勝戦の企画を担当します。
皆様の参加をお待ちしております!

怒涛のごとく押し寄せていた仕事が明日で一段落するので、
未更新の時事問題も、そろそろ更新できると思います。

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】11月12日、社会人野球の第43回日本選手権決勝で日本生命を破り、3大会ぶり5回目の優勝を果たしたチームはどこ?

【2】11月12日、トランポリン世界選手権の女子個人で、日本人として初のメダルとなる銀メダルを獲得した選手は誰?

【3】11月12日、公開開始から1年を迎え、現在も各地で上映が行われている、戦時中の日常を描いた片渕須直監督のアニメーション映画は何?

【4】11月12日、中央競馬の第42回エリザベス女王杯で優勝した、オークスで2着、秋華賞で3着だったミルコ・デムーロ騎乗の馬は何?
 

more...

tag : 日本生命 片渕須直 エリザベス女王杯 ミルコ・デムーロ

2017年10月24日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

広辞苑』第七版の発売が告知されました。
http://kojien.iwanami.co.jp/

私の中では『大辞泉』『大辞林』(ともにweb)に次ぐ
3番手の国語辞典という位置付けの『広辞苑』。
とはいえ、新しい1万語を探すのは楽しみです。

追加された新語の中には、
「安全神話」「デトックス」「ブラック企業」などがあるとか。
ただ、『大辞泉』や『大辞林』には当然掲載されているので、
「この言葉が載ったか!」という感動を
紙の辞書で味わうのは、もはや無理ですよね……。

そして、「アラフォー」「ゆるキャラ」などの掲載見送りは
なぜ??としか思えません。
広辞苑』は新語の採用にきわめて慎重であるとはいえ、
これらは今後ずっと残る言葉なのでは?

 171024-01.jpg

今でも紙の辞書に存在価値があるのか?
という疑問はよく話題になったりしますが、
クイズ作家的には大いにあります!
なぜなら、ある言葉を調べた時に目に入る
周囲の言葉にも多くのネタが転がっているからです。
web版でも前後の見出し語がわかったりしますが、
この点は確実に紙に軍配が上がるでしょう。

実際、紙の『大辞泉』などは思わぬ“出会い”が多く、
今でもわりとよく引いています。
「ゆるキャラ」でさえ掲載を見送った保守的な辞書に
どれほどの“出会い”が期待できるかは微妙ですが、
発売が楽しみであることはモチのロン(※死語)です。
言葉のプロたちの10年間に及ぶ仕事、とくと拝見します!

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】10月24日、文化勲章の受章者に選ばれた、世界で初めて酸化チタンの光触媒の作用を発見した、東京理科大学の学長を務める化学者は誰?

【2】10月24日、アブダビで活動を開始した、アラブ首長国連邦(UAE)で日本文化のPRを行う親善大使に任命された日本の俳優は誰?

【3】10月24日、岩波書店が来年1月に10年ぶりに改定した第七版を発売することを発表した国語辞典は何?

【4】10月24日、来日した際に東京のホテルでベルボーイに手渡した直筆のメモ2枚がオークションにかけられ、180万ドル(約2億円)で落札された物理学者は誰?

【5】10月24日、89歳で亡くなった、『The Fat Man』『Blueberry Hill』『Ain't That A Sham』などの曲で知られ、ロックンロールの創始者の一人とされるアメリカの歌手・ピアニストは誰?

【6】10月24日、プロ野球セリーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージで広島を破り、セリーグ3位のチームとしては初めて日本シリーズ進出を果たしたチームはどこ?
 

more...

tag : 広辞苑 光触媒 アラブ首長国連邦 岩波書店

2017年10月12日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

この本を読みました。

校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術
毎日新聞校閲グループ
毎日新聞出版 (2017-09-01)


最近、校正・校閲の仕事にも携わっているので、
「あるある」とうなずける部分も多々ありましたが、
校閲記者の数々の“ファインプレー”を通して
さらに知見を広めることができました。

年末にかけて目にすることが増えそうな表現に、
「2018年の干支『犬』の置物」というものがあります。
おそらく、私も同じような言い方をしたことがあると思いますが、
この表現のどこに問題があるかわかるでしょうか?
気になる方は、112ページあたりをご確認ください。

いちばん印象に残ったのは、終わりの方にあった、
「850万円をトレイに置き忘れた」という記事のくだりです。
表記ルールではトレイは「トレー」と書くことになっているので、
パソコンに入っている校正支援システムを使うと
即座に「トレー」と直されてしまいますが、
実はこれは「トイレ」の間違いだったとか。

「トレイ」とあれば「もしやトイレでは?」という勘が働いても、
「850万円をトレーに置き忘れた」とあればスルーしそうです。

AIが進化して、このあたりまで判別できるようになる日も
いつか来るのかもしれません。
でも、校正・校閲の分野で人間の目が完全に不要になることは、
おそらくないでしょう。

クイズの問題作りにおいても、それは同じです。
このブログに掲載しているような定型的なクイズは、
まさに機械化できそうな問題の最たるものと言えますが、
(誕生、死去、就任、引退、発売、受賞、大会の結果などなど……)
AIには決して作り出せないような、
情緒あふれる問題を紡ぎ出していくのもまた、
プロのクイズ作家の仕事です。

そのようなクイズにも触れてみたいという方は、
ぜひ私の著作を……。
あれ、本の紹介がいつの間にか拙著の宣伝に?(笑)

閑話休題。
今回紹介した本は、言葉に興味がある人なら、
誰でも楽しく読めると思います。おすすめです。
また、毎日新聞・校閲グループのtwitterもネタの宝庫で、
しばしばクイズ作りの参考にしています。
https://twitter.com/mainichi_kotoba

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】10月12日、森記念財団都市戦略研究所が発表した2017年版の「世界の都市総合ランキング」で、3位は東京、2位はニューヨークですが、1位はどこ?

【2】10月12日、アメリカの国務省が2018年12月31日付で脱退することを発表した、パリに本部を置く国際連合の専門機関は何?

【3】10月12日、ロシア中央銀行が新たに発行することを発表した200ルーブル紙幣に描かれる、2014年に併合した半島はどこ?

【4】10月12日、プロ野球・千葉ロッテマリーンズの監督に就任することが発表された、現役を引退したばかりのチームOBは誰?

【5】10月12日、2020年東京オリンピックのサッカー日本代表監督に就任することが決まった、Jリーグ・サンフレッチェ広島の前監督は誰?
 

more...

tag : 千葉ロッテマリーンズ 東京オリンピック サンフレッチェ広島

2017年10月4日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

Amazonで仕事に使う歴史関係の本を探していたら、
偶然こんな本を見つけてしまいました。


「まんがでわかる」とありますが、
まんがの割合は少なめで、文字情報がたくさん。
「圧倒的なボリューム」は決して誇張ではありません。

日常生活や新聞だけでは不足しがちになる、
理系問題のネタがふんだんに載っているので、
とても重宝しそうな1冊です。

また、大きさの割に軽いので、
持ち歩きにも便利!(たぶん持ち歩かないけど)
本屋で見かけたら、ぜひ開いてみてください。
きっと買いたくなるはず!

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】10月4日、ノーベル化学賞の受賞が決まった3人の科学者が開発した、たんぱく質などの分子構造を組織が生きた状態で調べることができる顕微鏡は何?

【2】10月4日、所属事務所のボックスコーポレーションから第1子を出産したことが発表された、昨年5月に一般人男性と結婚した女優は誰?

【3】10月4日、現役を引退することを発表した、リオデジャネイロ五輪の柔道女子70キロ級で金メダルを獲得した日本の選手は誰?
 

more...

tag : ノーベル化学賞 リオデジャネイロ五輪

2017年8月18日のクイズ

こんばんは。クイズ作家の田中健一です。

このタイミングで?と言われそうですが、
ずっと未更新だった5月後半あたりの時事問題を
一気に更新しました。
明日の大きな大会(2つありますよね)に出る方は、
チェックしておくと、いいことがあるかもしれません。

満願 (新潮文庫)
満願 (新潮文庫)
posted with amazlet at 17.08.18
米澤 穂信
新潮社 (2017-07-28)


この小説を読みました。

短編集はあまり食指が動かないのですが、
『ミステリが読みたい!』『このミステリーがすごい!』
『週刊文春ミステリーベスト10』の3冠+山本周五郎賞とあっては、
まあ買っちゃいますよね。(笑)

結論としては、どの短編も実に読み応えがありました。
「連城三紀彦の再来」という評価にも納得。
特に『万灯』と『関守』の結末にはゾクッとさせられます。
『万灯』の主人公が受けることになった“裁き”とは?
『関守』のおばあさんは、なぜあんなに饒舌なのか?

この短編集は直木賞の候補にもなりましたが、
受賞したのは黒川博行の『破門』でした。
こんなに素晴らしい作品がなぜ受賞を逃したのか?と
選考委員の書評を見てみると、厳しい言葉の数々……。

致命的な(基本的な)事実誤認があったことを知りました。
そう言われてみれば、確かに……。
せっかく精緻で美しいプロットを築いたのに、もったいない!
しかし、それでもなお、この作品は読む価値があると思います。

『インシテミル』(古っ!)以来ごぶさたですみません。
米澤穂信は、もっと読まないといけない作家ですね。

それでは、今日の問題です。

★問題★

【1】8月18日公開のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で、ヒロイン・及川なずなの声を演じた女優は誰?
  

more...

tag : 米澤穂信 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

プロフィール

Kenichi Tanaka

Author:Kenichi Tanaka


クイズ作家・クイズ王です。

クイズ作家としては、数々のテレビ番組、ゲーム、ウェブサイト、携帯サイト、広告などを手掛けています。
また、『TVチャンピオン』の「クイズ作家王選手権」で優勝しました。

クイズ王としては、『第16回アメリカ横断ウルトラクイズ』優勝、『クイズ王最強決定戦~THE OPEN~』4連覇、『クイズ神2』準優勝などの実績があります。

詳細・問題作成のご依頼は、
公式HP『クイズマガジン21』で!

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
PR










検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
49位
アクセスランキングを見る>>
BOOKS
田中健一の未来に残したい至高のクイズ II (QUIZ JAPAN全書)
―――――
田中健一の未来に残したい至高のクイズ I (QUIZ JAPAN全書)
―――――
東大生クイズ王・伊沢拓司の軌跡 I ~頂点を極めた思考法~ (QUIZ JAPAN全書)
―――――
ウルトラクイズ・ロストジェネレーションの逆襲 ~クイズ神・安藤正信の軌跡 I~ (QUIZ JAPAN全書)
―――――
QUIZ JAPAN vol.5
―――――
QUIZ JAPAN vol.4
―――――
QUIZ JAPAN vol.3
―――――
QUIZ JAPAN vol.2
―――――
QUIZ JAPAN vol.1